朝焼け富士 後篇(1953年)

                      ©松竹

スタッフ・キャスト

企画:坪井与
企画:佐藤宇之助
監督:松田定次
脚本:八住利雄
原作:山手樹一郎
撮影:川崎新太郎
音楽:深井史郎
美術:角井平吉
録音:佐々木稔郎
照明:田中憲次
編集:宮本信太郎 
配役    
足柄金太郎(伊勢平九郎):市川右太衛門
松平多喜姫:喜多川千鶴
大名常 :小杉勇
滝田屋お滝:月丘夢路
下女お雪:初音礼子
びっくり熊:渡辺篤
おたいこ松:柳谷寛
土井大炊頭:夏川大二郎
杉元仁左衛門:高松錦之助
娘お葉:嵯峨三智子
備前屋新兵衛:浅野進治郎
妻お藤:三浦光子
番頭宇兵衛:水野浩
番頭清七:丘郁夫
下男助造:山内八郎
鍵屋定兵衛:進藤英太郎
水野越前守:香川良介
鳥居庸三:原健策
笠原幸蔵:三島雅夫
小堀久左衛門:富本民平
若杉慶助:加賀邦男
岡ッ引鉄造:飯田覚三
キズ政:上代悠司
牢の数見役:時田一男
牢役人:有馬宏治
穴の番:川崎猛夫
多兵衛:熊谷武
橋本五郎兵衛:大友柳太朗

製作

東映京都

作品紹介

天明年間の大江戸。--大飢饉のどさくさまぎれに老中水前越前ら一連の幕内腐敗派と組し米の不正買上げで大もうけした公儀御用達商鍵屋定兵衛の本宅へ、ある夜、姫君風の女盗滝夜叉姫一味がおし入る。彼らは買上米事件で不当の処分をうけ、伝馬町の牢屋にくるしむ御用達商人備前屋新兵衛、元南奉行杉元仁左衛門らの慰安料と称して、三千両の大金を奪った。この仕事の最中滝夜叉姫は足柄金太郎と自称する謎の剣士と知りあい、何かひかれて翌晩の再会をちかう。この二人のつながりを察した与力や鍵定たちは、次々ワナをしかけてはつねに失敗する。備前屋の妻お藤を腐敗派の用人笠原に取もとうとして、又も二人に邪魔された鍵定らは、備前屋の門前に脅迫状を貼つて彼らをおびき出した。詭計と知つて二人は、あやふく川上の屋形舟にのがれる。刻々迫る追手の注意を姫からはなすため、捕方の舟にとびうつった金太郎は、備前屋お藤を抱きすくめた黒衣の男から、やにわにピストルをつきつけられた。

井上梅次・月丘夢路のその他のおすすめ作品

TOP